Takara Arai

チップ デザイン ビジネス

最高のステッカープリンターを選ぶ基準パート2

仕上げの種類 ステッカー印刷には、「マット仕上げ」と「グロス仕上げ」の2種類があります。仕上げの種類ごとにそれぞれ特性がありますが、両方の仕上げを処理できるプリンターを選びましょう。 •マット仕上げ:日光下でステッカーが光らないため、人気のある仕上げです。テクスチャーが目立ちやすく、ステッカーが長持ちします。 •光沢仕上げ:色のコントラストが際立ち、より鮮やかになります。このタイプの仕上げのステッカーは耐性が低いため、室内向けです。 印刷品質とフォーマット 市場には、様々なプリンターが出回っていますが、印刷解像度に基づいて決める必要があります。同様に、大量のページを印刷できるプリンターを選択すべきです。 フォーマットに関しては、様々なサイズ・素材で印刷できるプリンターが良いでしょう。ワイドフォーマットインクジェットプリンターが一番のオプションです。 良い決断をする ステッカー印刷を成功させるには、できるだけ最高のツールを選択する必要があります。それがビジネス促進のためであろうと趣味目的であろうと、ステッカーを作るためにプリンターを選ぶなら、以上のことを考慮に入れてください。こちらのオンラインショップをご覧ください www.kiasuprint.com/cheap-sticker-label-printing-service-in-singapore/products。Read More

チップ デザイン ビジネス

最高のステッカープリンターを選ぶ基準パート1

ステッカー印刷は、あらゆる規模の企業やビジネスの宣伝に効果的な広告ツールであり、製品を目立たせる優れた手段です。 ステッカー印刷の新たなアプローチではサイズの点で問題がないため、簡単に保管しておき後で使用する時に輸送できます。 専門家 「Kiasu Print in Singapore」によると、テクノロジーの進歩により、ステッカー印刷の作成を専門とする会社等に行く必要なしに、信じられないくらい高品質のステッカーをすぐ入手できます。これには、ステッカーを効率的に作れる高品質プリンターが必要です。次に、プリンター購入の前に考慮しなければならない基準をいくつか紹介します。 紙の取り扱い 優先したいことの1つは高品質のステッカー印刷をニーズを満たす量だけ作ることです。それには、次のことを自問する必要があります。そのプリンターは必要な素材に印刷できる? この質問への答えは簡単ではありませんが、優先しなければなりません。現在持っている、または購入しようとしているプリンターは、粘着ビニール素材または特殊粘着紙に印刷できる必要があります。 現在、ステッカー印刷に効果的であることが証明されている素材には2種類あります。粘着紙とビニールです。粘着紙の場合、お財布には優しいですが、過酷な環境条件に耐えられないため、室内使用向けです。 粘着ビニールの場合、持続時間が長く、厳しい環境条件に耐える能力も高い素材です。ただし、ステッカーなどの製品を作るために特別に作られた素材なので、より高価です。このため、粘着紙を処理できるだけでなく、粘着ビニールにも対応したプリンターを選ぶことが重要です。Read More

Business Food Health Import Tech インポート チップ テクノロジー ビジネス 健康

医薬品のインターネット販売は、禁止されていた!?

2006年、一般医薬品の販売制度を見直し、医薬品の販売に関する規定を改めるとともに、新たに指定薬物の製造・輸入や販売等を禁止すること等をメインとして、薬事法の一部改正法が成立しました。これによって、一般用医薬品制度はリスクの度合いに応じて第 1類医薬品から第3医薬品まで区分を作り、その区分に応じて専門家が提供し、適正に使用するための必要な情報提供等を行うような仕組みとなりました。 2009年6月1日に全面施行とし、厚労省は薬事法施行規則を改正し、原則として第3類医薬品以外の医薬品のインターネット販売を禁止しました。しかし2009年5月25日、この省令は営業の自由を保障した憲法に違反するとのことで、ケンコーコム株式会社をはじめとする一 般用医薬品の通信販売事業者などが国を相手に第3類医薬品以外の医薬品の通信販売等を行う権利の確認と禁止する部分の省令の無効確認を求める行政訴訟を起こしました。2013年1月11日、最高裁判所は薬事法施行規則のうち第3類医薬品以外の医薬品について、通信販売を禁止する等の規定は2006年の改正後の薬事法の委任の範囲を逸脱した違法なものとして無効であると判決を出しました。この判決を受け、厚労省は、 新たな一般用医薬品の販売規制を検討するようになりました。専門家 「ベストケンコー」によると、このように、2014年6月12日の改正までインターネットでの第3類医薬品以外の販売が禁止とされていました。Read More